16Channel Auto

The car to life

クルマのことなら何でも、しかし、好きなクルマのことしか書かないかも・・・。


極寒の冬山で車中泊するはめになったら!?【動画あり】


極寒の冬山で車中泊するはめになったら!?【動画あり】

まだまだ冬真っ只中。今年は例年よりも雪が多いと聞きます。そんな冬のカーライフでの実験。

もしも、冬山で車中泊をしなければいけないような状況になった時の寒さを凌ぐ対策は、どんな対策が一番効果的なのか?その対策で一晩過ごすことは出来るのか?

1号者モニター

jaf-Usertest-Winter01jaf-Usertest-Winter02jaf-Usertest-Winter03

2号車モニター

jaf-Usertest-Winter04jaf-Usertest-Winter05jaf-Usertest-Winter06

参照は : JAFユーザーテスト|車内温度|車内温度/冬 の実験結果です。

実施日 平成26年2月4日(火)午後11時~5日(水)午前7時
テスト場所 長野県上田市菅平高原(ホテル駐車場)
天候
気温 テスト開始時:-10.2℃、最低気温:-13.2℃、テスト終了時:-12.9℃
テスト背景 吹雪や豪雪で車が立ち往生し、長時間車内に取り残される事例が起きている。その際、排ガスによる一酸化炭素中毒やガス欠の危険性を考えると、エンジンは止めたまま寒さをしのげる対策が必要である。
テスト内容 午後 11 時から翌朝午前 7 時までの 8 時間、エンジンを止めた状態で対策の異なる 20 代~30 代の4名のモニターが車両(ミニバン)2 台に分乗し、寒さをしのげるのかを検証した(モニターには○、×の札を渡し、30 分ごとに継続の意思確認を行った)。なお、テスト開始直前までエンジンをかけてエアコンを使用し車内温度を25℃に設定した。 ※テストは安全に十分配慮して実施しました。
対策条件

①対策なし

②毛布+使い捨てカイロ

③寝袋(冬山用)

④エマージェンシーシート
※緊急時に体温保持のために使う薄くて軽いアルミシート

※1号車に「対策なし」、「毛布+使い捨てカイロ」乗車。2 号車に「寝袋(冬山用)」、「エマージェンシーシート」乗車。
※服装による差が出ないように上は同じダウンジャケット、下はジーンズで統一した。

1号車搭乗者

1号車搭乗者(車内)

2号車搭乗者

2号車搭乗者(車内)

大体一晩かけて行われたこのテスト。エンジンは掛けない状態で行われています。これは雪山を想定しての実験なので、雪が降っていることを考慮しています。雪山では一晩で50〜100cmの雪が降ることは珍しくありません。この状態でエンジンをかけていると、マフラーが塞がれて一酸化中毒の危険性が出てきます。

実際はエンジンを止めて車中泊という状況は少ないと思いますが、マフラー周りの雪は注意した方がいいようです。

もしも、エンジンが止まってしまっても、ある程度の極寒対策で一晩ぐらいは大丈夫そうですが、それでも相当寒そうでした。スキーや冬山に行かれる方は参考にしてみてください。

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事

Return Top