16Channel Auto

The car to life

クルマのことなら何でも、しかし、好きなクルマのことしか書かないかも・・・。


LEXUS GS-F のウリはボディの軽さ


LEXUS GS-F のウリはボディの軽さ

デトロイトモーターショー2015で発表されたGS-F。

開発はだいぶ前から存在していたし、噂も出ていたのでやっと登場と思っている人もいると思います。ここまで待たせての登場となると、気になるのはライバルたちとのSPECの違い。その違いがもたらすパフォーマンスの差です。

先ずはSPECから、

LEXUS GS-F

直噴5.0リットルV型8気筒ガソリン自然吸気エンジン
最大出力473ps/7100rpm
53.7kgm/4800-5600rpm

 

Mercedes E63 AMG

直噴5.5リットルV型8気筒ツインターボ
最大出力585ps/5500rpm
最大トルク81.5kgm/1750-5000rpm

 

BMW M5

直噴4.4リットルV型8気筒ツインターボ
最大出力560ps/6000rpm
最大トルク69.3kgm/1500-5750rpm

 

一目瞭然ですが、馬力が約100psもちがいます。トルクもターボエンジン勢には叶いません。しかも、低回転から最大トルクを叩き出すトルク出力特性はターボエンジンに軍配です。

これでは、ライバルに対して見劣りしますが、今回LEXUS GS-Fが選んだ選択は、軽量ボディ。つまり、味付けの部分ですね。モリモリのトルクでどんどん走らせるのか、自然吸気エンジンのリニアさと軽量ボディの軽快感かの違いです。ライバルに比べて130kg以上軽いのです。この数字は結構な数字で、大人二人分乗車していないのと同じ。ガソリンなら満タン2回分です。車好きで運転が好きな人ならこの意味がわかると思います。

  • レクサスGS F/1830kg
  • メルセデスベンツE63 AMG/1990kg
  • BMW M5/1975kg

どちらも魅力がありますが、個人的には軽量ボディが好きなのでGS-Fの選択は好感が持てます。でも、RC-Fと同じエンジンではなく、軽快な味付けはRC-Fにまかせて、GS-Fはガツンとターボエンジンも良かったのではと思います。

このカテゴリーはサーキットでタイムを争うクラスではないので、最終的にはその走りの味付けの好みの問題ですね。ここまでのSPECだと、どれを選んでもバカッ速には変わりありません。

gs-f-lexus-2015-dts04gs-f-lexus-2015-dts02

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事

LEXUS IS 300h F SPORT 実燃費
18081

LEXUS IS 300h F SPORT 実燃費

  そもそも、燃費なんて気にして乗るようなクルマでもないようにも思いますが、一つのDataとして参考にして下さい。 中型のスポーツタイプセダン、「LEXUS IS」 は、ドライブモードセレクトスイッチをSPORTS+に選択すると、...

Return Top