16Channel Auto

The car to life

クルマのことなら何でも、しかし、好きなクルマのことしか書かないかも・・・。


2016年2月発売のオデッセイハイブリッドは買い?ミニバン選び奮闘中!


2016年2月発売のオデッセイハイブリッドは買い?ミニバン選び奮闘中!

待ちに待った?待ちすぎた?誰も待ってない?いや、待望んだ人もいるHONNDA オデッセイハイブリッド。リコール問題で当初の予定よりも発売時期が伸びてしまいましたが、いよいよ正式に発売開始されます。外見面の大きな変更点はないので、今までのオデッセイと変わりません。インパネのメーターの違いが一番の違いでしょうか。

そのシステムはアコードのシステムと同じもの。基本的にはモーター走行が主体でエンジンは充電用。しかし、高速になるとエンジンも走行用に切り替わります。
トヨタのハイブリッドシステムは、エンジンでも走るしモータでも走るハイブリッドシステム。しかし、燃費を伸ばすにはそれなりのテクニックが必要で、乗る人によって大きく差が出てしまします。

それに対して、今回のオデッセイに積まれるハイブリッドシステムは、基本的にはモーター走行なので、モーター走行をムダにすることがなく走行できるので、運転による燃費のバラつきが出にくいシステムです。最高燃費の数字は驚くほどではありませんが、実燃費は安定していい数字が出しやすいのです。

オデッセイハイブリッド-00021

実際にアコードハイブリッド乗ってみましたが、とてもスムーズのい走ります。トヨタのようにエンジンとモータの切り替えが頻繁に行われるわけではないので、エンジンとモーターの切り替わるギクシャク感がありません。もちろん途中でエンジンはかかりますが、あくまでも発電用としてなので、とてもスムーズで違和感がありません。この感覚はとても好感が持てるもので、トヨタよりも個人的には好きです。

ただ、このシステムは素晴らしいと思いますが、トヨタのようにテクニックを駆使して燃費を伸ばして遊びながら走行するという楽しみは難しいかもしれません。テクニックさえあればプリウスでも30km/l前後の燃費で走行することも可能です。誰でも同じように良い燃費を出せるホンダか、ハイブリッドシステム自体を楽しめるトヨタか、迷うところです。

今回のオデッセイのハイブリッドシステムは、とても燃費の良いガソリンエンジンと同じだと思えば良いかもしれません。ハイブリッドの進む方向としては正しい方向ですが、何台もトヨタのハイブリッドを乗り継いできた自分からすると少し物足りなさを感じてしまうかもしれません。



オデッセイが気になりだした訳

そもそも、オデッセイが気になりだした訳。

本来は興味のあるカテゴリーではありません。乗りたいと思っていません。しかし・・・!!!必要に迫らえれてと言うかなんというか、早い話が家族のためです。

4人家族までなら断然セダンしか興味がありません。しかし、たったひとり増えるだけでいろんなことを考えてしまいます。結局のところミニバンにするのが一番?となってしまったわけです。

しかし、そもそもミニバンに乗りたいわけではないので、乗りたいミニバンがない。それでも、もしミニバンを買うならという気になって真剣に感がえてみました。

現在の愛車は「LEXUS IS 300h F SPORTS」。とても気に入ってるクルマですが、このクルマから変えようとしている理由は、まずは今年の秋で残価設定の3年目が来るので、そろそろ車選びをしないと間に合わない。最近は人気車種になると半年待ちなんてことも有り得るので、ここで探さないと間に合わない可能性も。

次の理由が、家族が増えること。5人家族まではセダンでいけます。しかし、親を乗せようと思ったら、ミニバンしかありません。とは言っても、クルマで出かける機会はドンドン減っています。ならば、今のままセダンでも良いのでは?でも、子供が小さいに内にクルマで遠くや色んな所へ連れて行きたいと思ったらやっぱりミニバンが一番?と、毎日頭のなかでいろんな考えがグルグルと回っています。

まず、ミニバンならどこが良いかと考えました。候補はトヨタとホンダとBMW。

  • トヨタなら、アルファード、ヴェルファイア、エスクァイア。
  • BMWなら、グランツアラーのディーゼル
  • ホンダはオデッセイハイブリッド

エスクァイア

エスクァイアはノア、ヴォクシーの高級版。と入ってもミディアムクラスなので、それなりです。満足度よりも実用重視。もちろん選択はハイブリッド。ただこのクルマは、最近の変更でToyota Safety Sense C の搭載により自動ブレーキはつきましたが、レーダークルーズコントロールがついていない。装備面ではホンダのステップワゴンのほうが上です。ということで却下。

BMWグランツアラー

BMWのグランツアラーは、ミニバンと言っても大きな車ではなく、感覚的にはプリウスαに近い感じ。ディーゼルエンジンはとても乗ってみたいので良いのですが、ミニバンといえばスライドドアじゃないと駄目かなということになれば、これも無し。ただ、やはりBMWというブランドは魅力です。ただ、やはり高いです。

アルファードヴェルファイア

ミニバンといえばやはり、本命はアルファード、ヴェルファイア。憧れる一台です。実際に車を見ても乗ってみてもその高級感は憧れます。問題は高いことと大きさ。実は近所の道路事情から、あまり大きいと運転が大変なくらい狭い道が多いので、やはりノアやヴォクシークラスが限界かな?とも・・・。

honda-odyssey

そして、最後にたどり着いたのがホンダ、オデッセイハイブリッド。大きさ的にはアルファード、ヴェルファイアより一回り小さい感じです。そして、装備面から比較しても価格が安い。もちろん値引き幅も大きい。ただし、ハイブリッドに関しては値引き位はなさそうですけど。
それでも、同じ装備ならアルファード・ヴェルファイアよりも安くなりそうです。もしも、これが肩を並べる価格なら、明らかに売れないハイブリッドになりそうです。

技術面や燃費、装備、が同じや優れていても、クルマの魅力がなければ、高いと思われてしまいます。お魔のオデッセイの車格から行くと、明らかにアルファード・ヴェルファイアよりも安く無いと、買わないと思うし、売れないと思います。車格意外にも、ホンダというメーカーは中古車として下取りに出そうと思ったら、かなり値段が下がってしまいます。廃車になるまで乗り続けるならなんの問題もありませんが、廃車まで乗り続ける人のほうが少ない現在は、やはり売る時の値段は気になるはずです。

ホンダの弱点は、ズバリ! リセールバリューの低さ。すべての車種ではありませんが、比較的多くの車種はこういう問題を抱えています。

結論、ミニバン選びの行方は?

と、まあこんな感じで日々結論の出ない日々。結局ミニバンを買うことにあまり乗り気でないというのもあって、決まりません。

しかし、そろそろ本格的に車選びをしないといけません。そこで新たな発想が生まれてきました。荷物の積みやすさや積める量を確保できればミニバンでなくても良いかも?という考え。今現在検討しているカテゴリーはSUV。それと新型プリウス。

プリウス

プリウスはセダンと言っても、その荷室の使い勝手の良さはSUVと同じ。とにかく新しもの好きの自分としては気になって気になって仕方ありません。最初はそのデザインを見た時には、ショックを受けて、これはないな!と思っていました。しかし!見慣れてくるとかっこ良く見えてくるから不思議です。今では一番の候補になってしまいました。

どうやって新型プリウスに傾いていったのか、それはまた次回。

おまけ、ホンダ、オデッセイハイブリッド特設サイト

http://www.honda.co.jp/ODYSSEY/new/

オデッセイハイブリッドの詳しい装備や内容は上のアドレスのホンダのサイトで確認してください。

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事

Return Top