16Channel Auto

The car to life

クルマのことなら何でも、しかし、好きなクルマのことしか書かないかも・・・。


パーキングメーターの不思議 59分まではある意味タダ?


パーキングメーターの不思議 59分まではある意味タダ?

色んな所で見かけるパーキングメーターですが、利用方法を上手く活用しないと痛い目に。逆にうまく利用すると得することも?(本当はダメだと思いますが)

このパーキングメーターは、その土地の駐車料金の相場に関係なく大体300円というのが基本です。1時間以内の駐車ならできれば使いたいと思う人も多いと思います。

しかし、60分を過ぎて停めていると、時間超過で駐車違反の切符を切られてしまいます。最近では駐車監視員が監視しているので、すぐに違反切符を切られてしまいます。

ところが!です、59分までお金を払わずに車を停めていても違反切符は切られないらしいのです。逆にお金をきちんといれて60分を1分でも過ぎたら違反切符は切られてしまうのです。

なんとも不思議ですが、法的には59分以内に戻ってお金を入れれば問題無いということだそうです。たしかに手持ちの小銭がなくて両替をしに行くときもあるので、それぐらいの興範囲は欲しいところですが、お金をきちんと入れたのに1分でも過ぎたら即違反切符というのは厳しいですね。

これでは59分までただで停めてもいい事になってしまいます。本当は59分までに入れてくださいということなので、いけないことだとは思いますが、現実はそのようです。理屈はわかりますが、お金を入れた人に対してのほうが厳しいのはどうなのでしょう。もう少し寛大でもいいようにも思います。

しかし、意外な事実でびっくりしました。

パーキングチケットでは不可能だと思います。あくまでもコイン式のパーキングメータです。



もう一つ注意点

夜中などの、時間外のパーキングメーターに関してはどうなっているのか?

これは、駐車違反になるところとならないとことがあるようです。つまり違反切符を切られるところと切られないところがあるということです。その違いは、

  • 駐車禁止の標識がある場合
  • 駐車禁止の標識がない場合

駐車禁止の標識がある場合

駐車禁止の場所では、営業時間外にパーキングメーターの場所に停めると違反切符を貼られてしまいます。

これは私自身経験があり、違反切符を貼られてことがあり、何故か不思議に思ったことが有り、調べたことが有ります。

駐車禁止の標識がない場合

駐車禁止の標識がない場所、つまり駐車禁止ではないところは、パーキングメーターの営業時間外は自由に車を停めてもよいことになります。当然ですがもともと駐車禁止ではないのですから駐車違反にはなりません。

但し、12時間まで(夜間は8時間まで)ということらしいです。

 

どちらにしても、パーキングメーターは上手く使うと結構使えますが、この法律が変わっている場合もあるので、どのように使うかは自己責任で・・・かしこく使いましょう。

 

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事

Return Top