16Channel Auto

The car to life

クルマのことなら何でも、しかし、好きなクルマのことしか書かないかも・・・。


LEXUS、GSを一部改良・外板色に「ソニックチタニウム」を新たに採用


LEXUS、GSを一部改良・外板色に「ソニックチタニウム」を新たに採用

LEXUSは、GS450h、GS350、GS300hならびにGS250を一部改良し、全国のレクサス店を通じて9月1日に発売します。

ss-2014-08

今回の一部改良では、外板色に「ソニックチタニウム」を新たに採用。ソニック技術*1による明暗のグラデーションで、GSの造形美を際立たせた。外装においては、新形状のシャークフィンアンテナを採用した。
室内では、“version L”の助手席に電動オットマンを標準装備し快適性を高めた。また、ナビゲーションでは、microSDカードを採用することで、スピーディな情報更新や、パソコンやオーディオ機器で保存した音楽データの再生が可能なSDナビゲーションシステムを全車標準装備とした。さらに、G-Link新機能*2として、音声対話サービス・先読み情報案内サービス「エージェント」や、アプリケーションソフトを追加できる「LEXUS Apps(レクサスアップス)」を搭載した。

*1
色を表現する塗装膜を意匠と機能の2層構造に分けたLEXUS独自の塗装技術。意匠層を乾燥させ、体積収縮させることで、光輝材(マイカ粒子)の並びをきめ細かく整え、滑らかな質感と強い反射による陰影感を実現した
*2
G-Link新機能は、IS (2014年7月3日一部改良)と、NX (2014年7月29日新発売)で採用済み。他のLEXUS車へも順次採用予定

Source   :    LEXUS

 

 

gs-img-cpcs-img-b

基本的には紹介料です。ボディーカラーの追加が大きな変更で、あとは装備面で細かい変更や追加がありました。気は速いかもしれませんが、NXに搭載している2Lターボエンジン仕様を期待したいですね。

 

 

COMMENT ON FACEBOOK

人気の記事

Return Top