趣味全開のノンジャンルブログ。好きなことや好きな食べ物を中心に気ままに投稿しています。グルメやお気に入り商品、お出かけなどの情報をお届けしています。



皆さんの吉野家の牛丼の食べ方って? 私にはどうしてもやめられない食べ方がある。


皆さんの吉野家の牛丼の食べ方って? 私にはどうしてもやめられない食べ方がある。

日本の代表的国民食「牛丼」。大手チェーン店は3社。吉野家、松屋、すき家。それぞれに特徴があり、どの店舗にもファンが存在していますが、やはり牛丼の王様的存在は「吉野家」ではないでしょうか。個人的には、正直言って牛丼の味に関して言えば、吉野家はダントツ1位の存在です。

昔から、牛丼を食べるなら吉野家、安くなろうが高くなろうが関係ありません。あの味を食べたいのです。吉野家の牛丼の食べ方は人それぞれ。紅しょうがを山盛りにして食べる人も入れば、つゆだくの人も、つゆなしの人も。

自分の食べ方を見つけ、それにハマると、なおさら吉野家の魅力から抜け出せなくなります。その見事に抜け出せなくなった食べ方を紹介します。

きっかけは朝定食。すでに、この食べ方を始めて数十年

このセットに辿り着いたきっかけは、昔あった牛鮭定食。今で言う「焼魚牛小鉢定食」のような存在。焼き魚にほんの少し牛丼の牛肉が小鉢でついてくるセット。

この時に、牛丼ではなく単純の白いごはんと牛肉を普通に食べた時に、違った味わいを感じたのです。ご飯の上に牛肉がのった牛丼とは全く違う味わいです。単純に、牛肉とご飯を分けただけなのに!

そして、ここへ生卵を追加。これまた、牛丼に生卵をかけるのとは大違い。この食べ方をもっとおもいっきり堪能したいと思って出来あがったのが、今のセットです。そのセットが下のセット。「牛皿特盛り、ご飯、玉子、味噌汁

吉野家_牛丼_myset1

あえて、ご飯を別にすることで牛丼とは違った味になります。そして、卵かけご飯の要素も。・・・で、このセットですが、これをさらに美味しくいただく自分なりのルールがまだ存在します。

お気に入りセット「牛皿特盛り、ご飯、玉子、味噌汁」の食べ方

まずは牛皿と味噌汁にはたっぷりの七味唐辛子。吉野家の七味唐辛子は七味唐辛子までも吉野家の味なのです。ほかの七味とは違うのです。これが牛肉にも味噌汁にもとてもマッチ。マッチしすぎるので、かなりかけます。

吉野家_牛丼_myset3吉野家_牛丼_myset2

味噌汁に関して言えば、下に沈んでいる七味唐辛子もかなりあります。

次に玉子をご飯にかけます。ここにも自分なりのこだわりが。先ずは玉子に醤油を多めに投入。ここでまた吉野家の醤油について。吉野家の醤油がこれまた絶品醤油なのです。今のところこれだけ好みの醤油は吉野家以外に、いまだ出逢った事がありません。極端に言うと、醤油だけをご飯にかけても食べられるくらい美味しい醤油。・・・と個人的には思っています。しかも、多めに投入しても味はしっかりするが、決して濃くなるわけでもなく、しょっぱくなるわけでもない不思議な醤油です。そういう醤油なので、ここではかなり多めに入れています吉野家_玉子

多めに入れた生卵。この玉子も何故か吉野家じゃなければ食べられない味に思えてくるから不思議。

吉野家_牛丼_myset7これが魔法の醤油

かける場所は端のほう。ご飯を寄せて端の方から下に沈むように。大切な白いご飯の部分が無くならないように配慮。白いご飯と牛肉を楽しみたいのに玉子をご飯全体にかけてしまっては台無しです。

まずはご飯の端にスペースをつくり。

吉野家_白2

その端のスペースに玉子を流し込む。これで、白飯と卵かけご飯の両方を楽しめます。

吉野家_白3

ご飯にかけ終わった玉子の小鉢は、紅しょうがを大量投入する器に早変わり。

吉野家_牛丼_myset4

この紅しょうがは、牛肉と一緒に食べたり、単独で食べたりその時々なので、ここには特にルールはありません。

後は、白いご飯と牛肉と卵かけご飯の3箇所の部分を楽しんでいきます。この食べ方にハマってからは、この食べ方以外に注文したことがありません。まさに、私にとっての「吉野家スペシャル」因みに、これを持ち帰りでやろうと思っても出来ません。大量の醤油と紅しょうがが必要だからです。

吉野家は牛肉の味付けが美味しいだけではない。調味料も紅しょうがも吉野家ブランド

吉野家_牛丼_myset5

途中で説明しましたが、七味唐辛子、紅しょうが、醤油、本来脇役のものが、吉野家でしか味わえない味なのです。松屋、すき家の紅しょうが、七味唐辛子、醤油は、正直言って何処にでもありそうな味だし、そんなに美味しいというわけではありません。

私が、吉野家をこよなく愛する理由は、牛肉の味付けだけではなく、全てが吉野家ブランドの味で構築されているそのブランド力。この調味料一つ一つの味の深さまでわかると、吉野家は一段と良さがわかります。

そんなこんなで、この食べ方からは抜けだせません。きっと死ぬまで続くのだと思います。吉野家ファンの方、皆さんのお気入りの食べ方ってどんな感じですか?

今回の採点表

好み度(5点満点) 5.0点 普通初めて牛丼を食べた時の衝撃は感動モノでした
おいしさ(5点満点) 5.0点 この味が好きなのです
リピート確率 100% なくなったら困る

COMMENT ON FACEBOOK