趣味全開のノンジャンルブログ。好きなことや好きな食べ物を中心に気ままに投稿しています。グルメやお気に入り商品、お出かけなどの情報をお届けしています。



天下の吉野家、唯一無二の味に異変?それとも・・・


天下の吉野家、唯一無二の味に異変?それとも・・・

かなりの人が食べたことのある吉野家の牛丼。大好きだった吉野家の味に変化を感じ始めた。これはいったい、味が変わったのか?それとも味覚が変わったのか?

牛丼御三家の中でも、吉野家が好き。その味は松屋にもすき家にも真似出来ない

ジャンクが大好き、牛丼大好き、特に吉野家の牛丼は青春時代をともに過ごした大事なエネルギー源。食べた総量は体を一人分形成するくらいは食べてると思う。それくらい大好きな味なので、特に味の変化には敏感。敏感というよりは、大好きで杖に食べていたから少しの変化にも気づいてしまうのかもしれない。

昔は、御三家の中でもダントツの旨さ。しかし、最近は松屋もすき家も努力の成果で、だいぶ美味しい牛丼になってきている。それでも、吉野家の味は特別。牛丼のこだわりは半端ではない。狂牛病のせいで牛肉が手に入りにくかったときでも、こだわりを捨てないほど。ほかがオーストラリア産を使う中、アメリカ産にこだわっていたから、吉野家で牛丼が食べられるようになったのは一番最後だった。

そのこだわりのせいかどうかは分からないが、御三家の中でも常にお値段は少し高め。もちろん、そんなことを気にしたことはない。それは、それだけのブランド力があるからであって、それだけの価値は十分あった。

味のばらつきはつきもの。毎日同じ味を出すほうが難しい

ラーメン屋で毎日同じ味を出すのは難しいという話はよく聞く。しかし、それはラーメンに限らず、どんな料理でも同じ。インターネットにはたくさんの料理のレシピが溢れているが、いくらレシピがあったからと言っても、その通りにはならないし、同じように美味しくなる保証もない。作りてが変われば、なおさら味は違ったものになる。同じレシピで同じ材料だったとしてもだ。

それを、極力どの店舗でも同じような味を平均的に作り、提供しなければいけないのがチェーン店の苦労。吉野家に限らない話だとは思うが、吉野家だって、店舗によって味のばらつきは相当あった。時間帯でも全く違う牛丼かと思うくらいのバラツキがあった。

そんななか、吉野家にもこだわりの職人技をみせる従業員ってのがいるもんで、そういう従業員がいる店舗を見つけたときは、まるで、とても美味しいワインに出会ったときのような感動だ。当時、その店舗に行くときは、その従業員がいるときを見計らって行くほど、味は安定して美味しかった。もちろん、ピークの忙しい時間だろうが、夜中の暇な時間だろうが関係なく最高の吉野家の牛丼を提供してくれた。この時から、吉野家の牛丼といえども、最高の状態で常に提供するのは難しいということを認識していた。

実は最近は頻繁に食べない。久しぶりに食べて感じたことなので、本当のところは自信がない。

家族ができ、健康を考え、食生活を見直し、外食を控えた野菜中心の食生活になってくる。自慢ではないが、妻の料理はかなり美味しい。お陰で健康的な食生活とともに、体の調子もいい。

昔のように牛丼を欲しなくなってきた。それでも、外食を余儀なくされるときや、たま〜〜に思い出したときはたまに食べる。すっかり牛丼ばかり食べていたときを卒業してしまったとはいえ、あの味は忘れられない。しかし、その回数は、数カ月に1度程度。半年間食べなかった時もあった。

それが、ここ最近連続で食べる機会があった。そこで、久しぶりに食べた感想は・・・・・???

「今日は味がちがうな〜〜、まずいわけではないが・・・これが吉野家の味?」

「別に体調が悪いわけでもないけど、味覚がおかしいのか、それとも味覚がかわったのかな〜〜??」

ま、その程度にしか感じなかったが、久しぶりなので、実はその日はそれほど気にもしなかった。気になり始めたのが2回目から。前回と同じ味、しかも、違う店舗で。ここでまた思う。「やっぱり味が変わったのか?」と。ただ、もう一つの考えがよぎる。「自分の味覚がかわったのか?」そして、すぐさま3回目がやってきた。もちろん違う店舗。またまた同じ味。やはり味は変わってる。問題は吉野家の味が変わったのか、味覚が変わったのかだ。

昔、テレビ番組で吉野家の特集をやっていたのを思い出した。吉野家の味を守るために常にタレの味を変えているという内容だった。いつも変わらない美味しさのために、あえて少しずつ改良を続けていく。なるほどと思って見ていたが、まさか今回のはそれが原因?だとしても、美味しく改良したはずのものを美味しく感じなかったのは、改良した味が悪いのか、やっぱり味覚がおかしいのか。

「・・・・・・・・・・。」

結論は、

吉野家の味が味が変わったにしろ、自分の味覚かわったにしろ、昔のようにまた、吉野家の牛丼が美味しいと思って食べられるときが来ることを祈りたい。

また懲りずにチャレンジします。きっと、ずっと先だと思いますが。

因みにそれ以外の味は変わってませんでした。

今回は、あくまでも牛丼だけが味が違うと感じました。大好きな醤油も紅しょうがも味噌汁もいつも通りでした。

→「皆さんの吉野家の牛丼の食べ方って? 私にはどうしてもやめられない食べ方がある。」

今回の採点表

好み度(5点満点) 5.0点 青春の味です
おいしさ(5点満点) 3.5点 たまたま自分に合わない味だと信じたい
リピート確率 100% それでも好きなので、必ず行きます

COMMENT ON FACEBOOK